FC2ブログ
出会いと絆
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

『パニック障害』体験記 ~それでも空はひろがっていて、雲は流れていく~

パニック症(PD=panic disorder 、旧名「パニック障害」)という病気を知っていますか? それは、俺にとって 「 恩師 」 です。だから俺は “ 完治 ” なんかより、ずっと先まで歩くつもりです。

今は負けている。 


最近、「オス」として、
目に映る男、目に映る男、全ての男に負けている気がする。

自分が“下”な気がする。

この格付け的な勝ち負けを感じる心は、きっと女性にはない「オス」の本能だ。

全ての男に負けているなんてことはないのだろうけど、
世間のものさしで底辺であることは間違いなく・・・
とにかく悔しさやコンプレックスを感じることが最近とても多い。
それはPDのせいじゃない。
むしろPDになって、あの状態からここまでやってこれたことは、
俺の唯一と言っていい誇れるものだ。


でも現実的に、今の俺じゃ未来は明るくない。
もっと強い切り拓く力が必要だ。

・・・今、チャンスが訪れているのかもしれない。
両足にいまだ絡みつくPDの残像に、足をとられている場合じゃない気がする。
今だ。
来年にかけて。
絡みつくその残像を引きちぎりながら、強引にでも踏み出さないといけない時だ。

悔しい思いは、し続けたくない。
人の上に行きたいとは思わないが、悔しい思いをし続けるのは嫌だ。
ただ、
風に溶けて、広い青空の下、流れる雲といっしょに穏やかに時を流したい。
大切な人と共に、いろんな世界を見に行きたい。
そして死の間際、
「なんだかんだ楽しかったなー」と、にやにやしながら満足感に包まれて逝きたい。
それが望みだ。
そのために、そろそろ形ある結果が欲しい。











<694>


↓↓ 押していただけると、本当にありがたいです。

にほんブログ村


category: ◆パニック障害体験記・2

cm 4   tb 0   page top

おしらせ。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

訪れてくれた、みなさん。

全記事表示リンク