出会いと絆
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

『パニック障害』体験記 ~それでも空はひろがっていて、雲は流れていく~

パニック症(PD=panic disorder 、旧名「パニック障害」)という病気を知っていますか? それは、俺にとって 「 恩師 」 です。だから俺は “ 完治 ” なんかより、ずっと先まで歩くつもりです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『経緯』6 パニック障害と、美容院。 


『パニック障害 美容院』 という検索ワードで、
 このブログに初めて来てくださった皆さまへ。

 現在、表示されているこの記事は読まなくて結構ですので、どうか、
 “この記事” だけでいいので読んでいってくれませんか。
  ↑ ↑ ↑ をクリックすれば表示されるので、
 どうかよろしくお願いします。)














パニック障害になって以来、
ずっと「美容院」には苦しめられてきた。

2ヶ月に一度やってくる、
地獄の数十分・・・。








好きでずっと観てる、刑事ドラマ「相棒」の、
season3 の disc.04、第7話の「誘拐協奏曲」に、
パニック障害を患っているという設定の人物が登場する。


その人物のパニック障害になった原因が
確か・・「殺人を目撃してしまったこと」だったり、
パニック障害の扱い方について、ちょっと腑に落ちない箇所もあるけど、

その人物は、美容院に行けず自分で髪を切っている。






“美容院や歯医者が怖くなる”こと、
電車やバスといった“公共の乗り物が怖くなる”こと、

これらは、
パニック障害の代表的な症状みたいだ。




それらに共通するのは、おそらく、

発作が起きても

“自由にならない”
“逃げられない”



そういう心理だと思う。


そういう心理は緊張と恐怖を生み、
それらは実際に発作を呼ぶ。













俺も、救急車で運ばれたあの日より前に美容院での発作を経験していたし、
すぐに美容院が恐怖の対象になった。







髪が伸びてくると、ものすごく心がどんよりし始めて・・・
髪を切りに行くことを考えるだけで、若干調子が悪くなり・・・
髪を切りに行こうと決めると、数日前から緊張し始め・・・・・・・

当日なんか、
家を出る前から緊張のあまり、
「おぅえっ、・・おぅえっっ」と、えづきまくりだ。

バイクで店に向かっているときなんて、
“処刑場に着々と近づいてる”・・・本気でそんな感じだ。




だけど、これがぜんぜん大げさじゃない。

自分でもバカバカしいと思うし、
ほんと笑っちゃうけど、
「美容院」がとんでもなく怖いのだ。













店に着き、椅子に座る。

心臓のバクバクが、どんどん激しくなっていく。

あの、名前わかんないけど、
服に髪が付かないようにする大きな布に、
腕を通して、首のとこできゅっと止めたら・・・・・処刑開始。


心臓が、ガンガンガン・・・!!
異常に激しく鼓動し、
血の気がひいて、手がどんどん冷たくなるのをハッキリと感じ、
息が苦しく、どんどん気持ち悪くなる。

冷や汗だらだら、あぶら汗だらだら・・・

もみあげあたりを切られてるときは、
首ががくがく、震えが止まらない。




でもたぶん、切ってるお兄サンは何も気付いてなく、
普通に話しかけてくる。

俺も、なんとか答える。

話すと、余計に息が苦しい。窒息感に襲われる。

必死に平静を装って会話し、たまに笑う。


鏡で自分の顔を見ると、
緊張で顔の筋肉が固まりひきつりまくって、
ぜんぜん笑えていない。





もう今にも吐きそうだし、
恐怖と緊張に、脳も神経もやられて
どうにかなってしまいそうな・・・・・

・・・そんな時間が延々続く。




長いなんてもんじゃない。

「大丈夫、大丈夫、大丈夫・・・・」

恐怖に飲み込まれないように
必死に自分を奮い立てながら、早く終わってくれるのを祈る。











必死の思いで耐えて、何とか無事に切り終わって椅子から立つと、
足の感覚がおかしくて力が入らない。

お金を払う手もおぼつかない。
















こんな戦いが
2ヶ月に一度、必ずやってくるようになった。

「美容院」は、
本当に怖いことのひとつだ。



毎回、毎回、本当につらい。











2ヶ月に一度、年6回。終わることなくこの戦いは続いた。

しかし、数年後にはあるひとつのドラマも生まれた。
だけどそれはまた、別のお話・・・。

(笑)















<25>
関連記事

category: PD発病からの『経緯』。

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://high2fly.blog.fc2.com/tb.php/28-b7537d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

おしらせ。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

訪れてくれた、みなさん。

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。