出会いと絆
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

『パニック障害』体験記 ~それでも空はひろがっていて、雲は流れていく~

パニック症(PD=panic disorder 、旧名「パニック障害」)という病気を知っていますか? それは、俺にとって 「 恩師 」 です。だから俺は “ 完治 ” なんかより、ずっと先まで歩くつもりです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ヴィヴィ。 


「ヴィヴィ」というのは我が家の猫の名前だ。
俺がつけた。


めちゃくちゃ“ビビリ”な性格と、
俺の好きな英単語のひとつ“vivid”
女の子なので、日本語的には“美々”

この3つをかけて「ヴィヴィ」だ。



・・・まあ、正直“ビビリ”がほとんどで、あと2つは後付けだけどね。

いい女になれるように願いをこめて。



あとあと同じ名前の女性誌があると知って、だいぶショックだった。

なので、断じてパクリじゃないんです・・・!!






仔猫のヴィヴィ


これは、まだちっちゃかった頃のヴィヴィ。










ヴィヴィは生まれて間もない頃、母に拾われてきた。

なので、
毛並みとか、きれいとは言い難いし、
どこから見ても「雑種」って感じだ。
絶対にキャットフードのCMに選ばれない。


それでも、仔猫のころは、
目がシルバーで、
体の毛はつやのあるブラックで、

「ひょっとしてイイ猫だったりする?」

と思わせる気品があった。



成長するとすぐに、「雑種」になったけど。(笑)








だけど、うちのヴィヴィは、
そんじょそこらのペットにゃ負けないものをもってる。

まず、
人間に喜ばれるような、“ペット的”なルックスの可愛さがない。
リアルな猫って生き物な感じ。
これがいい。



性格も人間に媚びない。(・・・ネコはみんなそうか(笑))


仔猫のころから俺の体の上で寝たり、
俺にだけ、頭をなでられると必ずゴロゴロいったり、
すごく俺のことが好きと思わせてくるが、

飽きたり、
興味なくなったりすると、
すぐにぷいっとどっかいってしまう悪女だ。
そんなとこがまた好き。




そして、
なんといっても、ヴィヴィ最大の魅力は“ハンサム”なとこだ。

めっちゃ、「ハンサム・ウーマン」なのだ。



ハンサム・ウーマン



この目、

まとった空気感・・・・・。




他の猫で見たことない。











ヴィヴィは今日も
俺たちにすりよってメシをもらい、あとは好きな場所でだらだらしてる。



俺たちを利用して生きている悪女だし、
でも本当は誰にも媚びず自由に生きるハンサム・ウーマン。

そして、
誰か家族じゃない人間が家に入ってくると
俺たちが探してもみつからない、どっかの奥に逃げこんだり、

ちょっとの音ですっごい「ビクッッ・・!!」とする、
めちゃビビリ。





好き。















<26>
関連記事

category: ◇その他

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://high2fly.blog.fc2.com/tb.php/29-eccdc836
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

おしらせ。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

訪れてくれた、みなさん。

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。