出会いと絆
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

『パニック障害』体験記 ~それでも空はひろがっていて、雲は流れていく~

パニック症(PD=panic disorder 、旧名「パニック障害」)という病気を知っていますか? それは、俺にとって 「 恩師 」 です。だから俺は “ 完治 ” なんかより、ずっと先まで歩くつもりです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『経緯』14 パニック障害と、自殺。 


2007年、6月頭。


『麦わらのKT』から、久しぶりにメールがきた。






「“H”が死んだ。自殺らしい。」






きょとん、とした。
驚きも悲しみもしなかった。











Hは高校の同級生で、
つい3ヶ月前に『麦わらのKT』の結婚式で会ったばかりだった。
そのとき普通に会話もした。

高校時代は野球しかやってなくて
野球部のやつらしか仲のいい友達がいなかったので、
野球部でもなく、同じクラスになったこともないHとは
それほど仲がよかったわけじゃない。



・・・けど、とても印象的なやつだった。








卒業式の後、
名残惜しくて教室に残ってた男女8人くらいのメンバーで、
その場のノリで寄せ書きみたいなメッセージを書き合った。

その中にHもいた。



俺が誰に何て書いたか、何て書いてもらったか・・・

もう、かけらほども覚えていないけど、
Hが俺に書いてくれた言葉だけは覚えている。

「君は目がきれいだから、・・・」

という言葉から始まる。




男同士でまず言わない言葉だったから、かなり驚いた。

だから、よく覚えている。

















卒業後、同級生何人かで2、3回カラオケに行った。


しつこいけど俺は野球しかしてなかったので、
遊び慣れてなくて、カラオケもまだ数回しか行ったことがなかった。

だから、歌なんて歌えなかった。
ブルーハーツの「情熱の薔薇」を熱唱するのが精一杯だった。




その点、Hは信じられないほど歌が上手い。

お世辞でも大げさでもなく、その辺の歌手よりHのほうが上手い。
Hが歌い出すとCDがかかってるみたいだった。

後に、某テレビ局の歌唱大会で優勝したほどだ。
歌も今どきのカッコイイ歌を歌うので、女ウケがバツグンによかった。

俺が歌ってる時と、Hが歌ってる時の女の反応があまりに違うので、
若かった当時の俺は、
女がいるカラオケにHがいると「ちっ」と思っていた(笑)。











そんなHが自殺したらしい。

理由は今でも誰もわからない。


















『麦わらのKT』からメールが来た数日後、Hの通夜に行った。

あの時、寄せ書きをしてくれた、メンバーの中の一人の女の子が泣いていた。






俺は通夜に行っても、正直「きょとん。」としていた。
どうしても、実感が湧いてこなかった。

祭壇に飾られている、笑ってるHのでっかい写真をずっと見てたけど、
・・・何だか変な感じだった。




ひととおり終わって控え室にいると、
Hの両親があいさつに来た。


「こんなにお友達がいるのに・・本当にすみません・・・・・」

Hのお母さんが言った。





気丈に振舞っているという感じだったが、
・・・・・・痛々しかった。

その「普通にしている姿」が、
拷問受けて痛みで泣き叫んでいるより、もっと、
痛くてつらくて、悲しそうで・・・・・
・・・見ていてつらかった。

こんな人の姿を初めて見た。
TVドラマで同じシーンを何度も見たけど、まるで違う。






俺が自殺したら、
俺のかあちゃんもこんなふうになるのかな・・・と思った。

それは絶対に嫌だと思った。













Hの通夜・・・。




俺は、みんなとは違った気持ちもあった。

人ごとじゃなかった。
『明日は我が身』というか・・・・・



“俺自身の通夜”として見てるとこもあった。

「俺が死んでも、こんなに同級生来ないだろうな・・・」
とか、思った。

「お前も自殺したら、こうなるんだぞ・・・」
そう、見せられてる感じもした。


















Hはどうして死を選んだんだろう・・・。













命日と月命日、たまにHの墓参りに行く。




「俺はとりあえず生きてるぞ」



いつも、必ずそう報告する。















<42>
関連記事

category: PD発病からの『経緯』。

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://high2fly.blog.fc2.com/tb.php/45-f8b07090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

おしらせ。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

訪れてくれた、みなさん。

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。