FC2ブログ
出会いと絆
02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

『パニック障害』体験記 ~それでも空はひろがっていて、雲は流れていく~

パニック症(PD=panic disorder 、旧名「パニック障害」)という病気を知っていますか? それは、俺にとって 「 恩師 」 です。だから俺は “ 完治 ” なんかより、ずっと先まで歩くつもりです。

2017、振り返り。 


今年ももう終わりますね。
今年はいろいろありました。
出会いと別れの年でもありました。


春には面の薄い別れがあり、
7月には口の中を軽く手術しました。
人生の大半を共にしてきた、
俺を大人にしてくれなかった大人のかけらたちと、
ついにサヨナラしました。

8月には愛猫が突然逝ってしまいました。(画面左のイラストの猫)
16歳でした。
自分でも、自分があんなに泣くとは思いませんでした。
こらえようとしたのに無理でした。

9月中旬には発作の記憶が蘇り、
一カ月以上、心身共に不安定な日が続きました。
軽く、絶望の感覚も再びちらつきました。
(今は概ね安定。)

9月下旬に、
ソニーの「RX100M3」という
コンパクトデジタルカメラを買ったのですが、
カワサキ「ZX-9R」というバイク以来の
興奮とワクワク感に襲われました。
初めての世界をこの製品が見せてくれるという直感のような。
愛猫をこのカメラで撮れなかったのが残念で残念で仕方ありません。
もっと言うなら、今まで撮った写真全部をこのカメラで撮りたかった。

草野球。
個人成績は、
ある部分で、野球人生で初めて?満足いくものを残せました。
シニアリーグ打率、.619 。
最終戦前まで全試合3打数2安打ペース。(最終戦は1安打で、.667 達成ならず。)
チーム史上初の全試合安打、達成。
全試合ヒットを打っての6割以上、という目標は達成しました。
これはいくらレベルが高くない中でも、それなりの記録だと自負しています。
ただ得点圏打率が4割だったのが課題。
打率より打点にこだわりたい。
チームは、
シニアリーグ3位に終わったものの、
今年から昇格した市の1部の大会で初勝利をあげられたのが◎。
数年前に昇格した時は、1勝も出来ずに降格したので。
それと、初めて肘の治療も受けました。(超音波治療)
そこで体の使い方を教えてもらい、
それをヒントに新しいフォームができました。
キャッチボールをしていて、
投げ終わったあとのバランスが新鮮です。

旅は、
シンガポールに、マレーシア、
それに初の世界"自然"遺産にも行けたし(白神山地)。

なんだか10月くらいまでのことは随分と昔のことのような感じがするけど、
結果、今年も好き勝手やってしまいました。
ベイスターズも一年間、相当楽しませてくれて、
あの三戦連続サヨナラの三戦目、ハマスタに居られたし(入れなくて外のPVだけど)、
ベイスターズのドキュメント映画も観に行ったし、DVDも買ったし。
あと、つば九郎にハマった。

ここには書いてないこともたくさんあり……。
よく思い返してみると、まぁいろいろあった一年だったと思う。



全然まとまりないけど、
来年いいことがあればいいなと思います。











関連記事

category: ◇日記

cm 8   tb 0   page top

コメント

happy new year♪♪♪

おおおおおお久しぶりです!
めちゃめちゃ間が開いてしまった(汗)

去年はフライさんには色々と話聞いてもらえて、本当に助かりました。
また身も蓋もない話聞いてくださいね(笑)

あまり代わり映えのしない毎日で報告出来るような事は何も無いですが、まぁなんとか生きてます(笑)

また相手してくださいね♪
まくわうり #- URL [2018/01/01 21:06] edit

まくわうりさんへ。

あけましておめでとうございます!

お元気ですか?
お久しぶりですねー。

代わり映えしない毎日ということは、
大きなトラブルがないということですよね。
平穏無事、一番いいことですね。
なんとか生きてるのが、死ぬより最高です。笑

今年も身もふたもない話を聞かせてくださいね。
あまり記事の更新はしないかもしれませんが、
コメントはちょくちょくチェックしてますので、ご安心を。

2018年がまくわうりさんにとって、笑顔あふれる一年になりますように。
ハイハイ ↑ フライ #- URL [2018/01/05 00:33] edit

こんにちは。

今年もヨロシクお願いします。
私は、いつもと変わらないヒキコモリ生活をしています^^
時々 発作も出ないし、少しは回復しているんだと錯覚をし
外出した時、発作が出て何も変わっていない自分に凹んでいます。


mikan-tii #- URL [2018/01/16 12:53] edit

こにゃにゃちわ、フライさん♪
まくわうりです。
お変わりありませんか??
こちらは相変わらず低気圧で頭痛がしたりしてますが、まぁ何とか生きてます(笑)

最近いわゆる安定剤なるものを処方してもらいました。
ずっと漢方だったんですけど、体調悪いと漢方だけじゃ症状を抑えきれなくて頓服として貰ったんですが飲むのに抵抗が…(^^;)
症状とか依存性とか浮かんできちゃって、今めっちゃビビりです(笑)

母親が大の薬嫌いで、昔から薬は『諸悪の根元』みたいな教えだったんですよね。
風邪薬でさえ、40℃越さないと飲ませて貰えなかったくらい…。
今は喉が痛くてトローチ舐めてるんですけど、苦虫噛み潰した様な顔で『この薬中が』とチクチク言われています。

なので安定剤なんてバレたら速効で棄てられるのが目に見えてるんですよ。
罵られるのは確定だし、今後も一生嫌味を言われるんだろうなと思うと溜め息が…。
確かに薬だけじゃ根本的治療にはならないのかもしれないけど、正直『今』を乗り越えたい事も本音。
私は普段の生活に薬は必要無いから余計のんでしょうけど、どうしても独りじゃ耐えられない時にはどうしたら良いんだよって言っても分かって貰えなくて…。

狭い鳥籠の中の安心と、根本的解決にならなくても何かに依存しながらの自由と、どちらが良いのかなぁ…

なぁんて最近考えてみたりしてます。
まぁ結局は堂々巡りなんですが…。
でもずっと鳥籠の生活で変化が無いなら、逆の方向に答えがあるのかなーなんて思ったりも…。

正解は無いにしろ、自分の中でとっくに答えは出てたりするんですよね。
自作自演のコントみたい(笑)
頭の上にあるメガネと一緒なのかもー♪
まくわうり #- URL [2018/01/16 13:01] edit

mikan-tii さんへ。

こんにちは。
今年もよろしくお願いします。


それは凹みますよね・・・。

でも、結果がどうであれ、
「少しは回復しているんだ」と感じられることが、
俺はすごーーく重要だと思うんです。
きっと、実際に外出して発作が出てしまったのは、
また別の要因があると思うんです。
あくまで例えばですが、
外出時には多かれ少なかれ不安になるでしょうから、
そういう精神状態下におけるセルフコントロールがまだもう一歩つかめていないとか・・・。

俺の経験では、
「少しは回復してる」というふうに一時でも感じられるなら、
それはおそらく少しは回復してると思います。
そういうふうに感じられる精神状態であることがとっても大切だと思います。
そして、その中で感じたことは間違いではないと思います。

ずっと同じところにいるわけじゃないと思いますよ。
ヒキコモリでも何でも、体の中は日々変わっていきますからね。
お互い今年もいっぱい笑って、心身の生きる力を増幅させていきましょうね♪
ハイハイ ↑ フライ #- URL [2018/01/17 15:43] edit

まくわうりさんへ。

こんにちは!
来週月曜には南関東でも雪が降るかもしれないらしいので、
どうかどうかご自愛くださいませ。


俺も薬が嫌いですが、
それはまた、、お母様はすごいですねー?!
トローチで薬中って・・。笑
でも、40度超えたら風邪薬を許してもらえるということは、
それは結局、お母様も風邪薬の効果を認めているということでは・・。笑
ちなみに、風邪薬だって、
あれは風邪による症状(発熱とか鼻水とか)を抑えるだけで、風邪自体を治せるわけではないらしいですよ。
むしろ、風邪を “早く” 治すという点からすれば、時には逆効果だったりするとか。
(体は発熱することで風邪のウィルスを殺そうとしてるのに、そういう働きを抑えてしまうから)

薬って、メディアがつくったイメージで見過ぎてる部分がかなり大きいのかなって思います。
俺もパニック障害になって薬を飲むまではそうでした。

パニック障害における薬って、「包丁」みたいなものだと思います。
要は使い方次第、ということです。
上手く使えばすごく便利な道具。手元が狂えば痛い目にあう。
「精神安定剤」っていうとイメージが先行して確かにドでかい抵抗感がありますが、
実際はそこまで特別な存在じゃないと思うんです。大きく見れば。
どんな薬でも、度を越えて飲み過ぎたり使い方を著しく間違えれば毒になるんです。
それは薬じゃなくたって、例えば「水」でさえも。
(俺も初めは精神安定剤に大きな抵抗感があったので、これは実際に長年飲んでみたから言えてます。笑)


もらった薬は、頓服用の効き目が早くあらわれるタイプですか?
だとしたら、効きますよ。
効くということが実感できれば、
「出先で何かあっても薬を持っていれば何とかなる」、
というふうに考えられるようになります。
飲まなくてもその存在だけで出先での不安を大幅に軽減してくれる可能性があります。
「お守り」効果ですね。
それがパニック障害における薬の、第二の意義だと思います。

別に俺は薬を強くオススメするわけじゃありません。
薬を飲むにしろ、飲まないにしろ、
どちらにも完治への道はあると思います。
人それぞれの判断があっていいと思います。
ただ、「食わず嫌い」というかイメージだけで判断してはもったいないと思うのです。
薬を飲んでも服用をちゃんとコントロールしている状態なら、
それは依存とは言わないと思います。
上手く使えば、根本的解決に直結はしなくとも間接的に大きな助けに成り得ます。

お母様の理解は得られないかもしれませんが、
自分の人生ですからね。
罵られても、十分にその価値があるかもしれません。
『狭い鳥籠の中の安心と、根本的解決にならなくても何かに依存しながらの自由』・・
その二択じゃないと、俺は思いますけど。
みっつめの選択肢、ありますよ。

自作自演のコントなんですか?頭の上のメガネといっしょ??笑
とにかく、とっくに答えは出てるんですね。
どんな答えなのか楽しみにさせていただきますね♪
ハイハイ ↑ フライ #- URL [2018/01/17 17:14] edit

お久しぶりです。

年に1.2回コメントさせてもらっているアキコです。
PDの息子を持つ母です。
はじめての発作が小6で、今は中3の受験生になりました。
明日から試験が始まるので、風邪をひかせないよう、発作がおきないようにと過ごす毎日です。
PDに理解がある学校は別室受験(ワタシが別の部屋に待機が条件)が可能で、体調が悪かったら、薬を飲むなども事前に知らせており、少しは安心なのですが、なんせ、普段の何倍も緊張する場面なので、心配は尽きません。

最近、背中の痛み、凝りが強いらしく、ハンドマッサージ機でほぐしたり暖めたり、整体にも行きました。
体が緊張状態になってるのと、寒いからというのもあるのかもですね。

背中の凝り痛みとかに効果がある何かオススメありましたら教えてください。

2018年も時々お邪魔させてください。
宜しくお願い致します。
あきこ #.70s4Y7Y URL [2018/02/09 20:44] edit

あきこさんへ。

お久しぶりです!
ついに受験ですか?!
それはお母さんとしては、とても心配でしょうね。
緊張もするでしょうね...。
でも、その中でしっかり力を発揮して欲しいですね。どうか..どうか..!
きっと大丈夫!!
勉強も、PDへの対処も、三年間も頑張ってきたのだから..!

PDもちの人って、
元々、「体が」緊張しやすい傾向にあると思うんですよ。
少なくとも俺はそうでした。
これは心の緊張とはちょっと違うんです。
具体的に言うと、勉強だと、
文字を書く時に腕、肩、背中の筋肉を緊張させてしまうんです。
そのため、そのあたりの血行も悪くなり、
長く文字を書いていると肩や背中が凝ったり痛くなったりします。
整体の先生はどう言ってました?
俺は意識して、筆圧を弱めたり精神面のセルフコントロールだったり...
心も体(筋肉)も力を抜き、リラックスさせるよう努めました。
それでも凝ってしまったら、俺はやっぱりマッサージ...しか知らない。
お役に立てず、すみません。
まぁとにかく、PDにおいて体の力を抜く練習をすることは、
個人的には結構役に立ったと思っています。
心と体はひとつで、
心身の緊張は発作へと繋がるので。

今年もよろしくお願います。
明日の試験、上手くいきますように。
ハイハイ ↑ フライ #- URL [2018/02/09 23:44] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://high2fly.blog.fc2.com/tb.php/826-6e4cf67a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

おしらせ。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

訪れてくれた、みなさん。

全記事表示リンク