出会いと絆
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

『パニック障害』体験記 ~それでも空はひろがっていて、雲は流れていく~

パニック症(PD=panic disorder 、旧名「パニック障害」)という病気を知っていますか? それは、俺にとって 「 恩師 」 です。だから俺は “ 完治 ” なんかより、ずっと先まで歩くつもりです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

パニック障害と、恐怖がひとつ消えた日。 


書くの忘れてたけど、「まる子」が放送1000回記念でした。
素晴らしいです。

久しぶりに野口さんも出てくれたし。
でも、参観日にみんなが作文読んで「ほんわ~か~」な雰囲気のシーンで、
野口さんが全く出てこなかったのが納得できません。

野口さんだって、ほんわか~してもいいじゃん。偏見だよ・・・。










それはさておき、
さっき、髪を切ってきた。



もう、美容院に向かってるときから、いつもと違ってた。


まず、はっきり違ったのは一度もえづかなかったこと。

緊張はしてたけど、以前と比べれば微々たるものだったし、
「怖い」という感情は、たぶん皆無だった。

そして、緊張は多少しながらも、
心の6割くらいは「たぶん大丈夫」という気がしてた。







椅子に座っても、心臓の鼓動が勝手に激しくならず、
手も冷たくならなかった。

呼吸も終始、正常を保てた。
ずっと、うっすら緊張はしてたけど。


パニック障害になる前と全く同じに戻れた、とはまだ言えない。
言えないけど、十分だ。









いつも切ってもらってる理容師のお兄さんと実は“タメ”だったことが、
今日、判明した。
さらに、共通の知り合いがいることもわかり、そいつのネタで盛り上がった。


けっこう笑った。

笑いながら鏡で自分の笑顔を見て、
「目がすごく笑えてる」
と思った。

たぶん、パニック障害になる前より、目が笑ってた。














髪切るのが怖くて怖くて本当につらかったとき、
「髪を切るのが平気になったら、ひとつのゴール」
とさえ思ってた。

それだけ、その当時は越えられる気がしない巨大な壁だった。





だけど今、「夢にまでみたゴールに到達した」みたいな感じは
まるでない。

あまりにも何かあっけなさ過ぎて、
「ついにここまで来たんだぞ」って自分に言い聞かせたくなる。

だけど、実感としては、
あまりにもあっけなく、無感動・・・。
ずっと、普通に髪切ってたような気までしてくる。



ひどいよなぁ・・・・。もうちょっと感動させてくれてもよくない?(笑)










でも、きっとパニック障害の「ゴール」は、こんな感じな気がする。

ゴールを夢見て必死に走るけど、
ゴールテープを切るという瞬間はおとずれず、
いつの間にか、走っていたことに対して
「俺、なんで走ってんだっけ・・・?」・・・・・みたいな感じ。









ひとつの恐怖が消えてくれた。

でも、まだ全然終わりじゃない。
次のチャレンジも考えてる。

このブログで偉そうなことばっかり言ってるから、
俺も何かしないとね。






















帰ってきて、家に入ろうとすると
近所のほーくん(幼稚園生)が走ってきて、

「バイクのお兄さんに、これあげる」

と言って、
かわいく包装された小さなチョコをくれた。
みんなに配っても余ったのかな。



1日遅れのチョコ、ゲット!今年2個目!!
生まれて初めて男からもらった!!











そんなハッピー過ぎる、普通の一日だった。
俺ってしあわせ者。

パニック障害になる前は、
こんな気分になること、ほとんどなかったなぁ。















<88>
関連記事

category: ◆パニック障害体験記

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://high2fly.blog.fc2.com/tb.php/91-590e3a85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

おしらせ。

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

訪れてくれた、みなさん。

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。